デキる人はここが違う!タイムスケジュールの大切さ

生産性を上げる

アウトプットを増やす

ここでは、仕事の産出を増やす、つまりアウトプットを増やす方法について調べてみたいと思います。

効果的な方法の一つに、社員の研修を行って、社員の能力を上げる…といった方法があります。

だれでも、初めから仕事を完璧にこなす人はいません。
ですから、仕事のやり方について、研修を行い、効率的な仕事の仕方を研修します。

そうすると、同じ人員で仕事をしていても、生産性が上がり、利益が上がるということになります。

また、仕事をシンプルにする、といった方法でも生産性が上がる場合があります。
「どこにその書類を置いたのか分からない」といって書類を探している時間などはもったいない時間です。

オフィスの中やコンピューターの中は、誰が見ても容易に分かるように、シンプルにしておく必要があります。

モチベーションを保つ

生産性を上げるということにおいて、難しいことの一つは、メンバーのモチベーションを保つことではないでしょうか。

私たちは、人間であってロボットではありません。
なので、生産性を上げる…と聞くと、まるで自分がなにか機械になったような気分になりますが、そのメンバーメンバーが生き生きとして働く職場づくりと、その人らしさが受け入れられ、人間らしい生き方ができるように労働時間の短縮も考えなくてはなりません。

長時間労働が生産性を上げないことは、多くの会社で言われています。

メンバーが持っている仕事と私生活のバランスを見ながら、その人が、その人らしく生き生きと仕事できる環境を作ることが生産性を上げる一つのきっかけになると思います。